行動しても空回りしていた訳と今後の展望

僕は1980年代生まれ、職業は製造職で5人家族です。

そろそろ結婚を意識してくる年頃で、出会いの場に色々と出向いていますが、成果を出せません( T_T)\(^-^ )

ほぼ地蔵の状態で終わったこともありますし、その時は立食形式でしたが、炭水化物を摂取し、ワインをがぶ飲みしました。

カップル発表なるものがあり、呼ばれなかった時の絶望は尋常ではありません。

巷ではよく行動しない方が後悔すると言われますが、こと出会いイベントに関しては例外だと感じています。

僕のような恋愛弱者は孤独を受け入れるかお金を搾取されるしか選択肢がないです。

このことに気づくまでも散々参加しては得られるものはなく、その度につらい想いをしていました。

我ながらよく行動してきたと思いますが、戦略的に進めることができず、ただ行動しただけでその気になって満足していました(-。-;

そのことに気づいてからは自分には不向きな出会い方をしていたと思います。決して金銭面に余裕のない中、結果的にではあるものの、お金を無駄遣いしてしまっていました。

僕はせっかく行動してもゼロではなく、必ずと言っていいほど、むしろ行動しない方が良かったと思ってしまう出来事が起こります。

それもも単に自分の良さが伝わりようもなかったので、仕方のないことだったのです。

しかし出会いがないからと何もしない訳ではなく、このままではいけないと思い、最近は読書や記事作成など自己啓発に励んで、豊かな将来を過ごせるように奮起していく予定です(^_−)−☆